氷室ユリ【福岡】意識的原点回帰のエスコーター

INTA認定スピリチュアルアロマインストラクター
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
ボイジャータロット創始者JamesWanless公認国際認定Teacher
ボイジャータロットアルケミー認定Teacher
ボイジャータロットジャパン認定プラクティショナーレベル2
レイキヒーラー
ジェイアスラック登録 お香作り講師
ワンタロー手作りの店認定万華鏡作りインストラクター
香りと言葉とモノヅクリを愛する人
心理学マニア

福岡在住。
真の意味で自分を自由へと解き放つことができるのは自分自身のみ。
その

記事一覧(186)

【7月】♥ボイジャータロット「私は誰?」な体験会【NEW!】

遊びながら、今のあなたの真実に出会う……ボイジャータロット「私は誰?」な体験会☆意識の仕組み、知りたいな~カードを手にとって見てみたいな~試しにカードを通した今の私に出会ってみたいな~気が合いそうなカードなら覚えたいな~って方、ぜひお越しください!以前、参加された方でもOKです。何度でもお越しください。「私は誰?ゲーム」(体験会ヴァージョン)を行ないつつ、カードの特徴やそれに関する四方山話をちょいちょいさせていただきます。実際にゲームをしながらカードに触れることができます。その合間に、僭越ながらワタクシが、ツッコミを入れさせていただきます(*^^)vそして、最後には、今のご自分を表すカードたちに出会います。この体験会を開催するようになってたくさんのご縁を賜りました。橋渡しとして繋げる場であり、私自身も繋いでいただいている場であり……たくさんの出会いと様々な恩恵を双方向に与え合う体験会、まだまだ継続していきますよー!\(^o^)/「今の私ってどんな人? 一体、私は誰なの?」(笑) ……という深遠なる宇宙の企みを楽しく探る。あなたの意識の地図を知る、そんな思考と直感の遊びをしませんか?私が所属するVoyager Tarot Alchemy(以下、VTアルケミー)ではカードを断定的な占いとしては使いません。そのもう一歩奥の世界を見ていただきたいと思っています。ご希望の方には認定講座に関するご説明も致します。その場でカードのご購入も可能です。お越しになる前に、こちらもご一読ください。VTアルケミー式ボイジャータロットカードワークって、なに?↓↓↓↓↓↓↓↓http://ameblo.jp/th-yuri/entry-11544550497.htmlまずは、『「私は誰?」ゲーム』でボイジャータロットの面白さ、体験してください♪一緒に遊びましょう!体験会の性質上、2名様から開催します。(MAX4名様)お誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。7月6日(金)10時~12時【募集中】7月7日(土)13時~15時【募集中】※他の日程での開催も善処いたします。ご要望をお知らせください。 ご希望の日程など、リクエストも大歓迎です☆参加費は3000円です。場所は、福岡市城南区、城南区役所の近辺です。お申し込みの方に詳細な住所をお知らせ致します。「私は誰?ゲーム」の楽しさをご存知の認定講座受講済みの方からも参加したいー!というお声を頂いております。どなたでも、何度でも、ご参加OKです。Voyager Tarot Alchemy会員様は、半額でご参加可能です。よろしければ、どうぞ♪♪昨今、全国的に盛り上がりを見せつつあるボイジャータロットカード。美しいコラージュアートが心に響く、愛とユーモア溢れる素敵なカードです。石橋を叩いて叩いて叩き割る私の人生を何度も軌道修正し、思いっきり加速してくれた現実的、且つ、優しくも雄々しいカードでもあります。是非、この機会にご体験、ご体感ください!お会いできますこと、楽しみにしています。ご予約、お問い合わせはメールにてよろしくお願い致します。treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp(☆を@に替えてくださいね)

2018年7月のご予約状況【NEW!】

ルールは縛るものではなく心地よく在るための目安。白黒、善悪、10対0……それ以外の答もある。********7月のご予約状況をお知らせ致します。基本的な時間帯は、10:00~、14:00~です。上記以外の夕方、夜間のご予約も可能です。お気軽にお問い合わせください。只今(6月20日6:00時点)のご予約状況は以下の通りです。【特記がないものは、すべて会場は福岡市です】1日(日)10:00 ご予約済み ありがとうございます。14:00 ご予約済み ありがとうございます。2日(月)10:00 〇13:00 〇3日(火)10:00 ご予約済み ありがとうございます。14:00 お問い合わせください。4日(水)10:00 〇13:00 お問い合わせください。5日(木)10:00 ご予約済み ありがとうございます。13:00 お問い合わせください。6日(金)10:00 お問い合わせください。13:00 〇 7日(土)10:00 ご予約済み ありがとうございます。13:00 お問い合わせください。8日(日)18:30 〇9日(月)研修のため休業10日(火)10:00 ご予約済み ありがとうございます。13:00 お問い合わせください。11日(水)10:00 〇13:00 お問い合わせください。12日(木)10:00 ご予約済み ありがとうございます。13:00 お問い合わせください。以降は随時更新いたします。上記以外の日時でご希望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。善処いたします。お問い合わせやご予約は、メールにてお願いいたします。treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp(☆を@に替えて送信してください)

2018年6月のご予約状況【更新しました】

外界に向けて輝くあなたの日向があるように、あなたの闇もあっていい。どちらもあなただ。********6月のご予約状況をお知らせ致します。基本的な時間帯は、10:00~、14:00~です。上記以外の夕方、夜間のご予約も可能です。お気軽にお問い合わせください。只今(6月19日23:20時点)のご予約状況は以下の通りです。【特記がないものは、すべて会場は福岡市です】21日(木)10:00 ご予約済み ありがとうございます。22日(金)10:00 〇14:00 お問い合わせください。23日(土)18:30 ご予約済み ありがとうございます。24日(日)10:00 ご予約済み ありがとうございます。14:00 〇25日(月)10:00 お問い合わせください。13:00 お問い合わせください。26日(火)10:00 ご予約済み ありがとうございます。13:00 お問い合わせください。27日(水)10:00 〇13:00 お問い合わせください。28日(木)10:00 ご予約済み ありがとうございます。13:00 お問い合わせください。以降は随時更新いたします。上記以外の日時でご希望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。善処いたします。お問い合わせやご予約は、メールにてお願いいたします。treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp(☆を@に替えて送信してください)

【募集終了】『発信系ライティング講座』【夏期満枠御礼!】

☆発信系ライティング講座☆(旧・アウトバウンド・ライティング講座)夏期募集を開始します。2名様のみ!満枠となりました。ありがとうございます!既存の受講生様の概ねの道筋が見えてきましたので、次期の募集を開始します。夏期スタート分は、2名様のみとさせていただきます。単なる文章講座ではなく、アウトバウンド(外に向けて発信)という考えがベース、そのために書く人のための講座です。目的は、仕事、表現、楽しみ、なんでもかまいません。皆さんの目指すところは様々ですので、グループワークの良いところと、マンツーマンの良いところを、その方に合わせつつミックスしていくセミオーダーの形になりました。各自スケジュールに合わせますので、マンツーマンが多いです。告知や投稿記事向けの文章の書き方、構成だけでなく、コーチング要素を含み、基本的なことのみですが、ブログや他のSNS等の媒体との相乗効果を狙ったライティングでできるネット上でのマーケティングも取り扱います。受講者はライティング系のワークショップに、特別価格で参加できます。ネット環境があることが、ビジネスでも私生活でも当たり前になりつつ昨今、読むだけでいい方と、発信していく必要性を感じている方に分かれています。「発信しなきゃ……やらなきゃって思うんだけど苦手で……」こんな声をよく耳にしますし、実際に、ネット上でも目にします。何が苦手なのでしょうか?なぜ苦手なのでしょうか?実はそれらが重要で、ここがわかればあとは作業レベルで進む場合もありますし、その後の道筋がすんなりわかることもあります。発信力もアップします。『発信系ライティング講座』では、書く以前の問題である、その部分の整理からしっかりとワークしていきます。いわば、それは、「発信していく人としての、あなたの土台づくり」ご自身が、楽しく、末永く、効果的に表現し発信していくための土台、です。実は、その時点でのお悩みが一番多いのです。文章表現やテクニックにも、そこに関する課題が浮上してきます。だから、おざなりにはできません。実際、技巧的なことはあとからどうとでもなります。書くための土台づくり、それを初回でしっかりと行ないます。自分はある程度書けるから不要だとお考えの方も、復習や振り返り、土台の再強化のために、かならず初回からご参加ください。お申し込みの前に、以下、ご了解ください。◎プロのライター養成講座ではありません。◎自分スタイル、等身大、個性、本当の私で、書くことが目的です。◎アウトバウンドのため、発信のためという目的です。◎課題は多めです。ある程度は書かないと、書ける人にはなりません。◎ブログ、facebookのアカウントをすでにお持ちの方が望ましいです。(これから取得する方は一緒にやっていきましょう。必須になります)この講座の旧名称はアウトバウンド・ライティング講座です。※アウトバウンドとは……《outbound》「出していく、外向きの」という意味の形容詞。  使い方によって意味合いは多岐にわたりますが、 内部から外部へ流れていくイメージです。 ビジネスという観点で、電話をかける、メールを送るなど、 発信を主体的に活用したマーケティングに用いられることが多いです。  ⇔ インバウンド。ここでは、目的は公私どちらでもいいので、自発的に表現、発信していくためのライティングを学ぶことが前提として、発信系・アウトバウンドという形容を掲げました。基本的には、どなたでもご参加可能です。経験の有無は問いません。むしろ、初心者向けです。特に、下記のような方に門戸を開きます。◎私のお伝えしていることに違和感を感じない方(かと言って、その通りをあなたに求めることはしません)◎ビジネスに役立てたい方・業務的に必要性を感じている方(ビジネスの内容は明確にしてきてください)◎仕事ではないが発信したい欲求がある方(漠然とではなく、現状から脱却する意志があれば、今はできてなくてOK)◎書くか書かないか、迷っている方(なぜ迷っているのか、一緒に考えましょう)◎自分でやる!というコミットができている方(自己表現です。わずかでも代行はしません)********全部で、4部に分かれています。【1】書く?書かない? 書き手としての自分自身、書くあなたの土台を築く。【2】書き手と読み手の関係、そしてその間に必要なもの。実践・技巧編:あなたらしく書く・書くためのあなたの日本語、大丈夫?【3】あなたの知覚を意識する〜厚みのある文章へ、伝わる文章へ。実践・発信への意識づけ編:コンスタントな発信力とタイミング。【4】マーケティングを意識する。振り返りと総括。実践・メンタル編:認知や拡散を意識する。添削。講座内で、必要なタイミングでは、サポートとしてボイジャータロットを使ったカードワークを用います。カードワーク初心者でも問題ありません。VTアルケミー会員様は、活動に関する告知や通常記事のサポートも必要な場合は視野に入れていたします。【制度と受講費】通学制と通信制、そして通学通信制をご用意しました。通信にはメールと必要な際は郵送を使います。通学時は各回3時間です。標準終了期間は通学も通信も5ヶ月です。(延期は2ヶ月までで、状況に合わせ個別対応)キャンセルポリシー、フォローアップなど、その他の詳細は個別にご説明します。◆通学制は全4回。74,000円。(内、初回は3時間26,000円)◆通信制は全7回。84,000円。(内、初回は30,000円)◆通学通信制は、通学2回(初回と最終回)と通信4回の計6回。 78,000円。(内、初回は3時間26,000円)各コースともに事前振込による都度払いです。若干ですが、一括払いの方には割引があります。が、それは2回目以降の残額に適用されます。まずは初回を受講してみてください。2回目以降に進まれるか否かを、初回に決めていただきます。進まれる方も、初回の内容をクリアしてからでないと、2回目以降には進めません。それぐらい、初回の土台づくりは大切です。【7月&8月の初回講座開講日】☆通学制話し合いのうえ、決定したいと思います。土日祝日をご希望の方は以下の日程になります。・7月1日(日)14時~17時・7月21日(土)13時~16時・8月 応相談平日は幾分余裕がありますので、極力ご希望に添えるよう、善処します。ご要望をお伝えください。☆通信制随時受講開始。 【通学場所】福岡市城南区 城南区役所近く 個別にお知らせします。 【定員】基本的に、常時2名~5名のみ。グループ指導、マンツーマンは内容、スケジュールによる。通学と通信のバランスを見て、空きができたときに募集いたします。今回、2名様、募集いたします。 次回の公募は早くて10月以降の予定です。お申し込みは、メールにてよろしくお願いいたします。お問い合わせもお気軽にお寄せください。treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp(☆を@に変えて送信してください)********関連記事はこちら。↓↓↓↓アウトバウンド・ライティング講座、開講です!◆書く人「氷室ユリ」ってどんな人?①https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12303932807.htmlアウトバウンド・ライティング講座、開講です!◆書く人「氷室ユリ」ってどんな人?②https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12304467839.htmlアウトバウンド・ライティング講座、開講です!◆書く人「氷室ユリ」ってどんな人?③https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12305671981.htmlアウトバウンド・ライティング講座、開講です!◆何故、今、アウトバウンドなのか?https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12304791115.html

6月のVTアルケミー式カードワーク勉強会【残席更新】

VTアルケミーでの学びをベースに、4名ほどの少人数制で、カードワークや心理アプローチの勉強会を行なっています。所要時間は各回3時間ほどです。参加条件はSTAGE1(旧Basic)受講済みであること。(ボイジャータロットカードを持参していただきます)VTアルケミー会員、非会員は問いません。6月の勉強会のお知らせです。6月17日に開催します。午前、午後に分かれて、内容が違う勉強会です。※7月の勉強会は未定です。内容は家族カードを取り上げる予定ですが、日程、内容など、リクエスト、歓迎します。◆◇◆午前中はチャンレンジカードを取り上げます。これまでも同じテーマで開催しましたが、今回はその最終回、8番から10番のチャンレジカードを取り上げます。詳細は以下のURLをご覧になってください。お申し込みもこちらからできます。【満席 ありがとうございます!】https://resast.jp/events/264397◆◇◆午後はカードワークの実践と、知識を深める勉強会です。その時々の顔ぶれに合わせてアレンジします。詳細とお申し込みは以下のURLからよろしくお願いいたします。【残席2名様】https://resast.jp/events/264383【共通事項】参加費は6000円。VTアルケミー会員様は5000円です。場所はご存じの方はご存知の私の仕事部屋。福岡市城南区 城南区役所近く。お申し込み時点で詳細をお知らせします。よろしくお願いいたします。お問い合わせはメールにてよろしくお願い致します。treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp(☆を@に替えてくださいね)

"Awake" ✴金色の夜明け✴

何をどう書いたらいいかよくわからないのだが、自分のために記しておきたいという衝動のままにここしばらくで私に起こったことをここに残しておこうと思う。ただ、言葉にならないことも多く、私が何をして具体的に何を思い何が起こったかを仔細まで書くことはしないので、それはお許しいただきたい。表現しがたいこともあるからという理由もひとつだが、私の中に、大切に秘めておきたいことも、ある。現在は私は、メンターであり、所属団体の長である橋本和泉さんのもとで、メタフローラプレゼンスなるものに参加している。これはどこかでも書いたように記憶しているが、8か月におよぶ意識の拡大と変容のプログラムだと思っている。その中の必修のワークショップとして「タマウタ」なるものがある。魂と繋がる唄というニュアンスの名前を持つそのワークショップでは、文字通り歌を歌うのだが、先週、和泉さんのファシリテートであるそれに参加した。「いつかはタマウタ」何かのキャッチコピーのように、以前から私の中にあったそれ。必然の、最善のタイミングを、そう思っていたのだが、それはやはりその通りになった。タマウタを創始した本郷綜海さんが出版したばかりの著書、「あなたがここにいることの意味」ちょうどこれを読んでいたときだったということも符号のようで、私の魂はすべてを知っていたのだろう。

目に見えないからこそ大切にしたい境界線

先月は移動や打ち合わせ、自分自身の研修も多く、個人セッション枠が少なめでした。それでも私を見つけてお越しいただいたこと、ありがとうございます。振り返ってみると、ほとんどのご相談が境界線がらみだったことは「境界線マスターワーク」講座のオーガナイズをしたこの時期にタイムリーだったなぁと思いました。言い換えれば、それほどに、境界線の問題はこの世に溢れているのですね。ちなみに「境界線マスターワーク」に関するシェア記事はこちら。↓↓↓↓↓↓↓↓「境界線マスターワーク」~自立から共同創造へ~https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12376528342.html今回は、クライアントさまにご了解を得て、2件ほど、境界線の問題を実際のケースとともにシェアさせていただこうと思います。(個人情報保護のため、こちらもご了承のうえ、 実際のプロフィール等も脚色させていただいています)【ケース1】Aさんは、ご自宅でフラワーエッセンスのコンサルテーションをされ始めて、やっと軌道に乗ってきた、とお仕事を楽しんでらっしゃるセラピストさんです。ただ、最近、少し困ったことが……とお越しになりました。「あるクライアントさまとのお付き合いの仕方が……」という言葉で始まったそのお話の要点をまとめますと……最近、ブログを拝見しました、とセッションを受けられた方が自転車でスイスイとお越しになれるくらいのお近くにお住まいで、ご予約に関係なく「美味しいお菓子を頂いたのでおすそ分けです」とか「この前のセッションのことで、ちょっとだけいいですか?」とか時にはダイレクトに「お茶しましょう」と、いきなりお越しになるようになってしまい、長いときはお昼頃から夕方までお帰りにならない……というような状況であるとのこと。このケース、実は初めてではありません。程度は様々ですが、過去に数名、同じようなご相談を受けたことがありますし、勉強会などでも、似たようなお話を伺ったことがあります。これは、セラピストなど、その場の提供側に問題がある場合が多いです。お話を具体的に伺っていると、どの方にも共通することがあります。最初に時間の区切りを規定通りに告げなかったこと、(過去には、泣かれるクライアントさんに退室を促せず、 自宅サロンだったので、挙句、お食事まで出された方もいらっしゃいました)クライアントなのか、友人なのか、という接し方のケジメを欠いていたこと、そして、ケジメをつけてお話しすることで、もう来てもらえなくなるかもしれない、嫌われるかもしれない、ケチだと思われるかも、怒られるかも、融通が利かないと思われるかも、など、ご自分の中に浮かぶ「非事実」の憶測や、本来の目的とずれた心配があったこと……概ねそれらが原因になっています。Aさんの場合は、頂き物をしてしまったことの引け目や、相手から向けられる好意を無下にしてしまうような罪悪感、そして、主旨からずれて流れる世間話のような話題に対し、主導権を持って軌道修正をしないパターンを自分で作ってしまっていたことなど、ご自分でいくつかの原因を見つけられました。あとは、それらを解決する行動を勇気をもって実行する、ということで納得してお帰りになられました。Aさんにもお伝えしましたが、こういうのは、回を重ねるほどに、どんどん道を外れていってしまいます。ルールだらけのピリピリした中で人に接せよということではないのです。初回からの、ご自身の立ち位置への意識があることは大前提で、この時間は何なのか、この時間の目的は何なのか、結局は、そのあたりを大切にすることは双方にとってのベストへ繋がることなのですね。【ケース2】これはケース1の延長線というか、やはり類似になりますが、ご友人からの頼まれごとに違和感を感じるというご相談です。ご自分がプロとしてお仕事でやっていることを、「ちょっとだけ、いいでしょ?」とご友人があれこれと頼みに来て、仕事にしていないうちは良かったけど、今はプロとしてやっているので、それをずるずると請け負うことに違和感があるというお話でした。このご相談は後日談があり、結局は、クライアントさん(以下、Bさん)は2度ほどお越しになられたのですが……Bさんは、ハンドメイドでステキなお品を作られる作家、兼、講師業の方。とても緻密で美しい手芸作品を作られています。キャリアも長く技術も確かで、作ることがお好きなんだなあと感じました。講座も少数制で丁寧な指導をされているようで、中には個人レッスンで足繁く通われる方も少なくはなく、まさに順風満帆、いわゆる人気の先生のようにお見受けしました。Bさんがお越しになって、ご友人の「ちょっと教えて」「ちょっとやって」に辟易としていることにご自身で気づいているとお話になりました。そして、友達なのに断ったら悪い、という罪悪感も吐露されました。しかし、一方では、プロとして活動していることへのプライドもある、という感じ。もしも、自分が逆の立場だったら、どうしますか?とお尋ねしたところ、「友達だからこそ、プロになって活動するようになったことを喜んであげたいし、 そこを理解して、有償で依頼するし習いたかったら講座に参加します……私なら」……というお答でした。「イコール、お友達のその方にも、そうして欲しいのでは? というか、そうしてもらわない限り、Bさんの中のもやもやは消えないのでは?」その問いかけに、Bさんは苦笑しつつ「……そうですね」と仰いました。自分にとって、もう我慢できないとなる前に、伝えること。これを怠っていました、と仰り、いくつかの行動を考えられました。とは言え、まだお悩みでしたので、行動のチョイスと、やるやらないはBさんのご意思にお任せします、ということで、その日はお帰りになられました。その後、しばらくして、Bさんは自分のお気持ちをご友人に伝えられたようで、結果、ご友人は講座に参加するようになり、Bさんの心の平穏は訪れた…………ように思えたのですが……2ヶ月ほどして、またBさんがお越しになりました。内容は、また例のご友人の件でした。講座に参加することで、ご友人からの「ちょっとやって」は格段に減ったし、仕事でやっているということへの理解はしてもらえていると思う……ただ、今度は自分が参加していない講座が終わる時間を狙ってやってきて、相談だとか、わからないところがあるとか、で別枠の時間を取られている、と。講座内で、とか、個人レッスンに変える?と言うと、「あ、そんなんじゃないの。ちょっと聞きたいだけだから」と、返される。ただ、それも10分やそこらでは済まないこともあるし、内容によってはいい加減には切り上げたくないので、困っている……結局は、これも以前と同じことなのでは?ともやもやする、とのことでした。「やっぱりわかってもらっていないってことですよね」Bさんは、ため息まじりに仰いました。NOを伝えてたつもりでも、実際にそれが叶えられていない場合は、NOが伝わっているとは言えないのです。生徒の立場を利用しての無理を言われると断りづらい。わざわざ来られているのに、時間外ですと帰らせるのは忍びない。たしかにそういうお気持ちもわかります。けれど、個人レッスンに来られている生徒さんを思うとフェアではないし、なにより自分がこの形に不満があるので苦しい……というのが本心。自分のYESのために、NOを言わなければならないこともあるのです。行きつくところ、Bさんは「友達ってなんですか?」という問いにぶつかって落ち込んでいらっしゃいました。お身内の方や友人関係は、お仕事には関わらないように一線を引くという方も少なくありません。カウンセラーでも、近しい関係の方の相談は別の同業者を紹介する方もいます。友人だからこその境界線。これは、ご自分の中にチョイスがあると思います。お友達には何でもしてあげたい人、プロだということを友人だからこそ理解してもらい礼節を守って関わってほしい人、一切、友人関係は関わらせないという人、ただ、決めたらその境界線を自分の中で違和感がないように保っていく、それもとても大事ですね。「友人」という基準が、これも人それぞれ違います。友人、兼、クライアントさんだったり、先生だったり、生徒さんだったり。お互い様ですが、その切り替えも、上手にできる人、できない人もいます。そこに、当人同士の友情というものの在り方への共通認識、もしくは、誤認、本当の心地よい関係性作りの秘密が潜んでいるかもしれません。友達でいたいか、否か。お互いそれぞれにとっての友情とはどんなものか。厳しいようですが、互いのその思いの中で、関係の形、境界線も作られています。縁も、切る切らないだけではなく、離れたり再び出会ったりもあります。人は変わっていきますからね。だからこそ、コミュニケーション、伝えあうことは大切なのですね。Bさんは、一連のことの中で、近年、ご自身もご友人も変化した部分がある、その中で、これからのことも含め、話してみる、そのうえで自分の生徒でいる、もしくは、やめる、は、そのお友達の問題かな、でも、気が重いのも本心です、と仰いました。正直な方だと思いました。何も話さず我慢ができて、納得のうえでこのままでもいいと思ったら、それはBさんの関係性のチョイスなのです。その逆もまた然りですね。ま、そもそもなぜお越しになったのかというところですが(^▽^;)後日、Bさんはご友人と話をされた旨、メールでお知らせくださいました。そのご友人とのやり取りの詳細に関しては省きますが、Bさんにとっては貴重な経験になった、今は納得の形で仕事もしているし、心地よい人間関係の中にいます、とお知らせしてくださいました。自分にとってこの仕事がどのような大切さを持っているか、そして、関係性への選択は互いにあるのだということも気づきました、とも。このお話を伺ったときに、このご友人の行動に似たパターンは案外多いのかもしれないなぁと思いました。これをお読みになっている方の中でも、あれ? こういうのやっちゃってるかも?(;´∀`)……と思われた方、いらっしゃいませんか?(笑)Bさんとまったく同じではありませんが、目に見えないものを使って働いている方っていらっしゃると思います。その人の技術や知識、時間を切り売りしてお仕事している方、ですね。私の仕事もここに入るかもしれません。いや、入りますね(笑)その職種の方に言う「ちょっと〇〇してください」とか「簡単でいいのでお願いします」これ、気をつけたほうがいいですよ!あ、そのお相手の方がかまわないなら良いのですが(^-^)ただね、想像してみましょう。八百屋さんで、ちょっとだけこのリンゴ、齧らせてください、とは言いません。お医者さんに、簡単でいいので診断してくださいとも言わないとも思います。(ま、極端な例ですけどね💦)ピカソがファンに絵を描いてほしいと言われたときの逸話も有名ですね。ご存じない方はぜひ以下のURLでお読みください。https://tabi-labo.com/181228/picasso-priceその人にとっては何が売り物なのか、それは要考慮です。ま、これも関係性にもよるのかもしれませんが。言う側も言われる側も、どこに線引きがあるのか。見えないものに関する境界線は、ついうっかり、ということもあるでしょう。見えないからこそ、厄介なこともあるし、曖昧になりがちです。でも、関係性を大切にするためにも意識していきたいものです。Aさん、Bさん、ご協力、ありがとうございました!

たくさんの視点を持つことは、世界が広がること

先々週末は、VTアルケミー式カードワークやカウンセリングを学ぶ認定講座STAGE1「心理の法則をマスターする」を山口市で開催しました。ブログ記事へのアップが追いついていませんね💦何度も書いてアップしようとするのですが、なぜか記事が消えるという不思議現象が起こり(笑)、今回、本当に書くべきはこれではないのか???と何度も振り返りながら気持ちを新たにし、これは4度目の挑戦(笑)です。山口市での開催はこれが初めてでした。これまでに何度も何度もお話だけは頂いていただいていたのですが、なかなか現実にならなかったのです。しかし、ここまで引っ張っただけあって(笑)今回もそれぞれに相互に、そして私も、ご縁を感じ、目撃する必然の顔ぶれだったと思います。「自分を見つめなおす機会を得た」「カード以外もたくさん学んだ深い講座でした」「心に響きました。ユリさんに感謝の気持ちでいっぱいです」「この講座は一生の宝です」「大切なことを見ていなかったことに気づきました」などなど、ありがたいご感想も頂き、私としても講師冥利に尽きます。この講座では、2日間かけて、私たちの中にはたくさんの普遍的な人格がいること、それらに出会う旅をしていてこれからもまだまだ自分自身は変化できること、あなたの人生の主役はあなたであること、可能性は無限であること、などなどを主体にしてお伝えしていきます。なので、カードの使い方を学ぶ講座とは一線を画しています。カードはあくまでツールであり、学ぶべきは「私」について。「私は何者なのか」この問いかけがすべてのカギになります。VTアルケミーでは、ボイジャータロットカードという今の時代にフィットしたタロットカードをツールとして使っていますが、その美しいコラージュによるインパクトのある絵柄と非常によくできた構成に潜むタロットの哲学に触れていくうちに、これまで他者や外界に向いていたベクトルが自分自身へと向き直されていきます。「自分を持つ」「軸を持つ」などのフレーズを耳にしたことはありませんか?たしかに一理はあります。でも正しい理解は為されているでしょうか?私は私である、私は〇〇である、という表面的には信念にも似ているような見解が思い込み、狭い視野、ごく少数の視点となってはいないか。そして、それが自分の可能性を閉じてはいないか。言い換えれば、あなたの世界はそんなに狭いものだろうか。好むと好まざるとに関わらず、あんな自分はいない、こんな自分もいるはずがない。私は〇〇だから。これが、大きな誤解を含めた理解のうえに成り立っていることも、この講座の中では紐解いていきます。自分への視点が増え、多角的に見える目を持つと、他者への視野も変化します。そして、それは行きつくところ、この世界を見る目が変わるということです。人生が変わる。その秘訣はそこにあります。今回、ご参加いただいた皆さんもそれぞれにテーマをお持ちだったと思います。それはご自分の課題とも言い換えられますが、課題を持っていると一点集中でそこにだけフォーカスしがちです。視野が狭くなる傾向がそこにはあります。真の意味で開いた眼を持つ。その礎になることを少しでもお伝えできていればと思います。ご参加の皆さん、ありがとうございます。私にとっても、学び多き機会でした。また、山口に行けたらと思っております。

STAGE1フォローアップ勉強会@岡山のお知らせ

3月に開催したVTアルケミー認定講座STAGE1@広島県福山市。そのフォローアップを中心にして、6月上旬、岡山にて勉強会を行ないます。STAGE1を修了された方、ぜひお越しください。 福山市での講座後の振り返り記事はこちら。↓↓↓↓岡山と福山で豊かな共振の時間を過ごして③【多面的な私に出会い、本当を生きる】https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12363244506.html もちろん独習も大切ですが、やはり繋がりの力は大きく、研鑽し合える仲間と共に一堂に会して学び合うことは、予想以上の力を育んでくれます。 その後の近況報告を交わすことで、モチベーションのキープにも影響があります。復習の意味で座学も行ないますが、おひとりではなかなかする機会のないカードワークを中心に問いかけの立て方、その進め方(問いかけの展開)、基礎カードのさらなる理解、チャレンジカード、カード同士の繋がり、などなどを実践的に初心者から数年学んでいらっしゃる方までを網羅した内容で行ないます。3月の講座に参加した方以外でも、STAGE1受講済みの方であれば、どなたでもご参加可能です。なお、岡山での個人セッション枠は満枠となりました。ありがとうございます。m(__)m勉強会は定員8名のところ、現在、残席3名様となっております。詳細、お申し込みは、以下のURLにてご覧ください。https://www.reservestock.jp/events/256339お問い合わせはメールにて……treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてご利用ください)

【福岡】VTアルケミー公開講座第2弾◆『男は太陽*女は月』パートナーシップの決定版◆7月【満席!】

VT アルケミー主催【公開講座第2弾】【カウンセリング・プロシリーズ③】≪男は太陽*女は月≫【福岡】本当のパートナーシップとは?満席となりました。ありがとうございます!以降はキャンセル待ちとして承ります。引き続き、よろしくお願いいたしますm(__)mあちこちからいつごろ開催ですか?……受講したくて気になっているんです!…………と、お問い合わせが多い講座のひとつがこちら!ワタクシの地元【福岡】にて、満を持しての開催決定です。✴7月15日(日)✴あなたの男性性&女性性という本質、そして、パートナーシップという人間にとって欠くことのできない根本的なテーマを紐解きます!※この講座は、VTアルケミーの認定講座を受講したことのない方でも参加できます!講師はVTアルケミー代表、橋本和泉さんです。わたくし、氷室ユリはオーガナイザーとして皆様が安心と充実のもとに学べますよう、全面的にバックアップさせていただきます。****ステキな恋愛、してますか?恋をしたはいいけど、いつも同じ失敗をしている気がしませんか?ご夫婦間のコミュニケーション、順調ですか?結婚なんてこんなもんでしょ、なんて思っていませんか?あなたの中の女性性は喜びに満ちていますか?あなたの中の男性性は生き生きとしていますか?そもそも女性性って? 男性性って?パートナーが欲しいなぁって思っていますか?パートナーシップなんてもうこりごり!なんて思っていませんか?女って〇〇だよね、うんざり。男って◎◎だよね、げんなり。…………………………ここまでを読んでみて、もしも、ひとつでも心にチクッとするものがあるのなら、ぜひご参加いただきたいと思います。 男女は陰と陽、凸と凹など、真逆のもののように例えられます。だから、ぶつかり合いもあるし、理解できない!という面もあります。それが増長して、ネガティブに拡大していくと、関係性の決裂に至ることも……。皆さんの中にも、そんな記憶や体験がひとつやふたつ、ありませんか?でも、違うからこそ面白く、愛おしく、惹かれあう……それもまた事実です。