about

about office morpho

福岡市城南区、城南区役所近くのセッションルーム、時にモノヅクリの小部屋、氷室ユリのアジト。

morphoとは、世界一美しい青く光る蝶、ヘレナ・モルフォが氷室ユリのアイコンであるがゆえの名前。

蝶々は、変容のシンボル。変化は人生のアート。

自分の変化に飽くなきチャレンジをしつつ、他者の変容の証人になります。

about Yuri Himuro

カウンセラー、コーチ、香りの世界を伝える人、創作活動家、ライティング講師。

変化とともに肩書きはこれからも増える予定。


四面楚歌、暗中模索、五里霧中な人生のさなか、40代で、

自分の中のリバイバルブームで出会い直したタロットにより、人生の軌道修正をすることになる。

タロットが有する宇宙の叡智、人生哲学、そこから透けて見える人の心の綾とその動きの機微にハマり、

ボイジャータロットをツールに、占いではないカードワークによる意識の世界の伴走者となる。

Voyager Tarot Alchemy 代表、橋本和泉氏のもとでタロットと心理と宇宙を体系的に学び、

個人セッションのみならず、ハマりまくって、いつしか同団体で講師をするまでに。

ボイジャータロット創始者 James Wanless氏に「I know you're a great teacher.」との賛辞を

なんともお茶目でステキな笑顔とともに頂く。


大昔は、会社員だったり、プータローだったり、廃人寸前だったり、ヒーラーだったり、官能小説作家だったりで、

◯◯だったりがてんこ盛りの履歴。

今もこれから何者になるのかわからない。だからこそ人生は面白い、のか?


幼き日に見知った目に見えない世界への施錠を解いたところから何度目かの人生が始まり、

「霊的でない存在などいない」を信念に、

アンチ似非スピリチュアル的にリアリスティックな心理アプローチを志す。

スピリチュアルであるというのは、今を如何に生きているかということ。

情熱家で、クリエイティブであることが信条。楽しい無駄なものは好みだけど、絵に描いた餅は嫌い。


日常的には、言葉と香りと手仕事・モノヅクリを愛する人。

趣味が趣味で収まらなくなり、趣味が無いのが目下の悩み。


各種自然香料が好きで、あちこちで風来坊的に学ぶ。植物療法よりも香り自体が好き。

香りは、次元を行き来するエネルギーワークのツールであり、且つ、単純に人生の楽しみだと思っている。

No aroma, no life. 香り創りのワークショップは、今や仕事の一環に。


天然石、金属、ガラス、木材、コード類が、クリエイションの友。

身に着けるものと、機能を持たないものを作るのが好き。

時々、モノヅクリのワークショップもやっております。


モノ書き業は、現在は休業。とは言え、言葉は、自分自身においては最大級のヒーリングであると思っている。

それをツールとして、何かしたいと考えながら、何もできていないのが口惜しい今日このごろ。


モノ書き、モノヅクリはほとんどが独学。

ガラスという美しき難物においては、2010年より「工房ひとつぶの空」主宰 島崎弥佳子氏を師事。


資格は色々持っていますが、記載の意味を感じられず、省略します(笑)


アメブロ:http://ameblo.jp/th-yuri/

『【福岡発】真の自由を求めるあなたに意識のエスコートを……氷室ユリのブログ』

facebook:https://www.facebook.com/treasurehunter.yuri     

mail:treasurehunter_yuri@yahoo.co.jp


このページは随時更新します。

2017年、盛夏。