友が遺してくれたもの

生き抜いて生き抜いた友の

四十九日の法要が終わり、初夏が来た。


私は参列できなかったが、

紫陽花の季節には、再び彼女に会いに行くつもりだ。


それまでにはもっと心の整理をしようと思う。

彼女のパートナーさんからの長い長いメールを読む度に、

情けないことに、私はまだひどく涙が出るのだ。


彼女が住んでいた街は、遠く離れた東のほうで、

冬場はとても強い風が吹く。

その緯度のわりには春の訪れも遅く、

私が住むエリアの温かさを分けてあげたいと思ったほど。


そんな遠方に住む私たちは磁石が引き合うように出会って、

その付き合いは3年に満たなかったが、

私にとって彼女は本当に大きな存在だった。


出会ったときにすでに余命宣告を受けていた友との時間は、

生きること、死に際、散り際というものを、否が応でも考えさせられた。


その中で、多くを気付かされ、

私には怖いものが増え、怖くないものも増えた。

自分に正直に、本気で生きることも、

彼女の末期が教えてくれた。


彼女の人生のほんの少ししか垣間見ていないけど、

その歩みから、

本気で生きなあかんよ?という声がこだまするようだ。

自分という存在というか、生き方を自ずと見直すことになり、

私が私に吐いていた嘘をあぶり出されたような気がする。


絶望を生命力に変えて生きた彼女に恥じることのないように、

「生きる」をやろうと深く思う春の終わり。


四十九日の振り返り。夜半の思慮。

私にとっても、これでひと区切り。