カードワークを通して知る「感じる」と「生きる」


1週間ほど前になりますが、

7月度VTアルケミー認定講座STAGE2@福岡が終了いたしました。

笑いあり涙ありで、ご参加の皆さんの内側にある何かを

大きく揺さぶる親密で必然の時間だったと感じています。


STAGE1とこのSTAGE2で、カードワークに関する大まかな知識と理論は、

マニュアル的にはすべて学ばれたことになります。

STAGE2まで学び終えると、体系的に知識を得ることによって、

どんな問いかけにも応じられるし、

カードとカードの関係性も復習でき、

人と宇宙のサイクルの面白みも網羅できて、

カードワークにおける視点が多角的に拡大されます。


ただし、これは、思考の範囲、あくまで机上の話が大半です。

やはり、その人の知覚の広さと深さ、経験値などによって、

真の理解と呼べるそれには個人差が出るものです。


カードを感じる、カードを生きる。

少し学んだあたりから、多くの方はこの壁にぶつかります。

わかっている、と思っている方でも、

カードワークに深みや幅が足りない気がすると感じられている方は、

往々にして、それが原因ではないかと思います。


今回の講座において、たくさん笑って、

自分のこと、他の人のことで湧き上がってくる涙に出遭って、

ご参加の皆さんは、おそらく、そのカードを感じる、カードを生きるを

幾許かでも、体験していただけたのではないかな、と感じています。

ワークブックで見たカードと、笑いや涙を連れてきた手元のカードは、

果たして同じように見えていたでしょうか?


答は「否」だと思います。


例えば、1枚のカードを見て、オーソドックスな意味合いではなく、

自分の、目の前のその人の、経験と繋がったポイントというのがあります。

そして、1年前など過去の、昨日の、そして今日のカード(の見え方)にも、

なんらかの変化や違いがあります。


学びの途中で、それに気がつくと、カードワークはとても面白いものになり、

命が宿ったように動き出し、時には人生の一部に輝きを与えます。


カードを感じるのは難しいと何度も仰っていた方の

その瞳からとめどなく溢れる涙や、

それに共振して愛の言葉をハッキリと口に上らせた方の震える声や、

それらを目撃して共に喜びを感じてくださった皆さんの様子。

そこには、たくさんのアーキタイプがいきいきと立ち上がっていました。


そこにはお決まりの意味合いなどありません。

それが、感じること、生きることです。

もちろん、ひとつの側面として、ですが、

自分の人生をさらに豊かにし、自分を知るという観点においては、

とても大切なことです。

日々、カードを観て、小さな芽吹きが誰の中にも起こります。

無意識の場合がほとんどでしょう。

でも、それは、とても大切な「本当のわたし」の声。

それを身体に繋いでくれているのが、感情で、

それを明瞭にするのに役立つのが行動です。

そして、その結果、ああ、そうだったのか、と腑に落ちつつ、

思考は「本当」に気がつきます。


そう、「頭」がわかるのは、一番最後なのですね。(*^^*)


その仕組は、場数を踏み、トライし続け、経験というギフトで発見して、

体得していくものだと思います。

だから、机上を出ましょう、とお伝えするのです。


それを、アカデミックにレクチャーし、

体験の端っこを実感してもらうのが、STAGE2という講座だと私は考えています。


今回、ご参加の皆さんは、十分にそれを経験してくださったと思います。

素晴らしかった。本当にありがとうございます。m(_ _)m

STAGE2では、私たちの人生に起こっている物語性についても学びます。

同じカードでも、その人の数だけ、いえ、それ以上の物語が紡がれます。

それが、カードを生きることの一端です。


宇宙の理、サイクルがもたらす人生の妙をカードに重ねて観ながら、

ああ、◯歳の頃、私はこのカードそのものの体験をした、

今は、あのカードに至る準備をしている、

まるで今の私はこのカードみたい!などなど、

皆さんがたくさん気づかれているのを目の当たりにして、

この面白さを知る最善のタイミングに立ち会っていると嬉しく感じていました。


今年は、STAGE2のオーガナイズはこれで終わりだと思います。

また、来年。

そう思いながら、ちょっと寂しく感じないでもないですが、

この喜びを増幅するべく来年の開催に向けて、私も精進していきます。

今回、講師として、お越しくださったVTアルケミー代表、橋本和泉さんにも

この場を借りて、心よりお礼申し上げます。


「和泉さんに会いたい!」というお声を集め、

それゆえ開催に至った面も大きかった講座でしたが、

その皆さんの期待に十分に応えることができた2日間だったと思います。

オーガナイザー冥利に尽きました。(^^)


和泉さんと私の付き合いは、かれこれ7年目になるかと思います。

彼女は、心理オタク、アルケミカルな分野マニアである一面を持つ私が、

自分よりも年若いことにも衒いなく「師事しています」と言える人です。

「彼女」などと生意気に書かせてもらっていますが、

これまでの流れを振り返り、越えてきたもの、チャレンジしてきたもの、

それらを思うと、本当にいい意味で稀有な女性、脱帽の存在なのです。


私は用心深くて疑い深くて(相手にもよりますが)、ま、慎重傾向があるので、

傾倒も心酔も、手放しで褒めるのも苦手です。ていうか、しません。(笑)

でも、そんな私が、「この人、超面白い!」「この人から学ぼう!」と思い、

紆余曲折しながら、時々、青息吐息になりながらも(笑)

それをやめていないのは、やっぱり楽しいからだと思います。

そして、常に常に新しいところを歩いている和泉さんの、

チャレンジ精神と探究心の旺盛さをリスペクトしているからです。


自分でも意識していますが、人は変化しますし、真実もアップデートされます。

その意味において、彼女はいつでも「NEW」なのです。変化を恐れない。

時折、「おいっ! ちょっと待て!(;゚∀゚)=3ハァハァ」と、

その変化にアジャストしていくのに瞬時戸惑うこともあったくらい。

(もう今はかなり慣れましたがwww)


その中で、同団体の講師としてあとに続くこと、というか、

その学びの中で自分を諦めないこと、

そして、もっとその先を知ること、

自分なりにクリエイトすることに必死になって……

結果、私の人生は、大きく変わったのだと、今、深いところで実感しています。

彼女との出会いで、私は人生において必然のコースアウトをして(笑)

とても自由になり、力を得て、自分を、人をより一層愛せるようになりました。


ま、とにかくね、面白い人なんです。←え、そんな雑なまとめ方??? (;・∀・)


後続の講座はSTAGE3「運命を創造する」。

その講師も、橋本和泉さんです。

今度お会いするときは、どんな和泉さんなのか、

ビクビク、もとい、ドキドキワクワクでお迎えします(笑)


こちらは9月と10月に開催することが決まっています。

9月の講座には僅かですが、まだ空きがありますので、

受講条件を満たす方はぜひお越しください。

さらに深いところを、自分のために実際的に行なっていく段階です。


詳細はこちらをお読みください。↓↓↓↓

http://ameblo.jp/th-yuri/entry-12285783895.html


秋も学びのシーズンとなりそうです。(๑•̀ㅂ•́)و✧


ご予約も、お問い合わせも歓迎します。

ご連絡はメールにて……

treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp 

(☆を@に変えてご利用ください)