他人のイケナイことは、私のイイこと♬①

ボイジャータロットに「Devil's Play 悪魔の遊び」というカードがあります。

ご想像どおり、中世のカードでは「THE DEVIL 悪魔」に当たります。

けれど、解釈はかなり違います。


キリスト教信者たちが、自分たちの神以外は邪悪であると排他して、

「悪魔」を作り上げたという説があります。

中世においては欲望は悪であり、私たちは生まれながらにして罪人でした。


現代でも、欲望は悪で、私たちは罪人?

(゚Д゚)ハァ?? ナニソレ……ですよね~(笑)


カードを作ったJames Wanless氏は、そのギャップを見越して

「Devil's Play 悪魔の遊び」という形に作り変えました。


欲望を楽しんでいい。ユーモアを思い出そう。

「◯◯してはならない」という縛りが、

本当のあなたを押さえつけてはいないか。

本能的なあなたの欲望を罰しなくていい。


ごく一部ですが、そんなメッセージを伝えてくれる1枚です。


清く正しく美しく。

たしかに究極まで掘り下げれば、人間の根本はそうなのかもしれません。

尺度は、その人のものです。


けれど、無意識的に、人生の喜びを潰してしまうような

既成概念に囚われる生き方をしていたとしたら???

それは、本当のあなたでしょうか?


誰かわからない人の常識、私生活にまで侵蝕する公序や世間体と言うもの、

これまで学校で教えられてきたこと、先祖代々、家庭で言い継がれてきた因習。


もちろん、それらが悪いとは言いません。

そういったものから得られる安心、安全もあるでしょう。


私は「仕事はどこかに務めてお給料をもらうもの」だと、

若かりし頃、親族に言われ続けていました。

手堅く、安定した生活設計、それが人しての道、美徳なのだと。

私もそうなのかと、ぼんやり受け入れつつ、うまくいきませんでした。

仕事はできましたし、会社の言うようにしていくこともできました。

でも、私は違和感と苦しさを感じていました。

そこに真の喜びはなく、結果的に、健康を害し、退職します。


その頃から、たくさんの思い込みに対して「これは本当だろうか?」という

愉快な心の声にそそのかされるようになります(笑)

それは、私の本能の呼び声だったのだと思います。


その後、私は日雇いで働いたり、長い間、無職にもなったり、

借金もしたし、何もしたくないと思ったり、働く意味を考えたり……

紆余曲折の結果、今の自営スタイルにたどり着きます。

これも、道の途中です。


一部の、とても生真面目な身内たちは、落胆の混じった呆れた様子でしたが

私はもう以前の囲いの中に戻ることはできませんでした。

本能のままに動き、自分の欲求を満たすことに魅入られて、

「彼らにとっての非常識」を「私の常識」にすることを選んだのです。


中世の「THE DEVIL 悪魔」に描かれている男女、アダムとイブは、

知恵の実を食べてしまい悪魔に己を捧げ、楽園を追放されます。

これも物語への視点を変えて考えると、彼らは幸福だったのか、

それとも不幸だったのか、様々な解釈があるでしょう。


私に後悔はないし、たぶん、最初に知恵の実を食べたイブも、

イブの勧めに応じてあとに続いたアダムも、

同様に後悔していないと思いたいところです(笑)


ただ、ひとつ言えるのは、

彼らは自分たちの本能のままに選び、生きただけで、

現代は、それを悪事だと言うには早計ではないかと思えるほどに

多種多様な道がある時代だということ。


長きにわたって当たり前のように言われてきたことも、

イケナイことだと言われてきたことも、自分の中の真実も、

常にアップデートされていて、時代によって、変わる善悪もある。

その中で、あなたはあなたの望むことを叶えていい。

私たちはそんな時代に生まれてきた……幸せなことですよね。


人生を謳歌する。あなたの思いのままに。

それを今一度、考えてみませんか?


さて、中世の「THE DEVIL 悪魔」というタロットではなく、

ボイジャータロットでの「Devil's Play 悪魔の遊び」というカード。

自分の本能的欲望を楽しむ意味合いも含んでいます。


本能的欲望。

次回はそのことについて、少し書いてみたいと思います。(*´艸`*)


*******


現在募集中の講座やワークショップは、こちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12307899069.html


ご予約、お問い合わせはメールにて……

treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp 

(☆を@に変えてご利用ください)