好きなことをするというエネルギーの源

先週末より、すったもんだも多く、スケジュールがまたもや難解パズル。(^^ゞ

それでも、行きたいところ、会いたい人を諦める選択をせずに過ごしまして、

あらためて「好きなことをする」ということは

自分に力を与えてくれるのだなぁと感じています。


寝ずの番や、ただ「待つ」という時間もあり、

そんなときも無為に過ごしたくないんじゃー!という私が発動。

マクラメ編みの師匠が福岡に来てくださっていたタイミングとも合致して、

宿題やら自主練やらで、今週はいくつか結んでみました。

相変わらず、同じところでつまずき悩み、←学習能力があやしいwww

師匠には苦笑されたり励まされたりしながら、です。

ワンシーズンに1回の講習というゆるゆるペースでも

学び始めからそろそろ1年になり、ほんの少しですが、

複雑なデザインも結べるように。(*^_^*) 嬉しいです☆


手仕事も、やはり、私に力を与えてくれるもののひとつです。

できあがったものは、まだまだだなぁと思いますが、

自分の手が生み出したものだと思うと愛着はひとしお。


やればやるほど課題が見えてくるという感じでもありますが、

やることがあるというのも幸せなことで、退屈しない人生だと思っています。

作っているときは何も難しいことは思ってはいないのですが、

モノヅクリというものに、私には自分の意識の地図をさまよう感覚があり、

自意識に入り込んでいくズームインと、

自己の世界を俯瞰で見るズームアウトの効果を感じることがあります。


材料にも工具にも、魂を感じ、自分を込めて、

できあがっていくプロセスと、クオリティーと、その結果と。


私の宇宙をあれこれと行き来しつつ、

男性性と女性性の融合もそこには漂っています。


それは、まさにエネルギーの源。

大袈裟ではなく、創造という世界は、私にはかけがえのないものだと思います。