求められていないものを求めさせる???

こんにちは。氷室ユリです。

少し遠出が続いたのですが、その記事は後日まとめるとして、

やっと地元に戻ってのブログ更新です。

空すっかり秋の様相ですね。


今日は、お仕事のご相談セッションにおいて、最近感じたことを。


個人セッションカードワークコーチング

皆さんがお持ちになるお悩みや課題で多いのが、

人間関係や恋愛、結婚、そして、お仕事のお悩みです。


私が個人事業主ゆえにその目線で記事を書いたり、

考えを述べたりするからかもしれませんが、

女性のスモールビジネスを目指している方や、これから開業する方が、

県内、他県問わず、たくさん来てくださっています。


せっかくなので、そういった内容のお話も今後書いていこうかなと思い立ち、

「自分らしく働きたい人へ」というカテゴリーを作りました。


私自身、お仕事が好きですし、働く女性を応援したいと思っていますので、

皆さんのお仕事にお役に立てば嬉しいです。


というわけで、

今日は、求められていないものは売れませんよ、というお話。


お仕事のご相談でお越しになられる方々は、

当然ですが、有形無形の商材を持っています。

ハンドメイドの作品や、なんらかのセミナー、

そして、ボディケアという自分の技術、などなど。

それは本当に多岐にわたります。


一般的なものや実用度があるものほうが受け入れられやすく、

一風変わったものはお客様を選ぶことになります。

どっちが良い悪いではありません。

薄利多売もひとつのやり方、高額商品でドーン!もひとつのやり方。

ニッチなところを狙うのも、私はいいと思います。


ただ、大事なのは、

なんであれ押し付けることはできないということ


人に、無理矢理求めさせることはできません。


それを、わかっていない方が案外多いのです。

需要と供給の関係を無視しての商品企画、価格帯、競合の数。

観察ポイントは山のようにあります。

そこをひと通りは見ていただきたい。


頭ではわかっている。だけど客観視ができない。

なぜなら自分のことだから。

そんな感じなのでしょうね。


中には難しそうな商材もあるでしょう。

そこにトライしても、絶対に不可能ということではありません。

でも、そこに踏み込んでいくのは、その状況を理解しているうえでの

その人の覚悟が必要になります。


うまくいけば「大当たり」するかもしれない。

それでも、やはり、「売り」はなんなのか、シビアに見てみる必要があります。

まずは、シビアに自分のことを見て、売れている人は、

なぜ売れているのか、洞察の眼を持つことはとても大事です。


種明かしをすると、やはり「どんな人がやってるのか」

これは大きいと思います。

「人」というのが最大の商材です。


そして、その人が説得力と魅力を備えて提供しているビジネスは、

やはり強いし、人が求めてくれるのです。

いや、先にニーズがある場合も多々あります。


魅力的な人が売る、魅力的な商品。
売れないわけがないですよね。
鬼に金棒という言葉、アレです。

私のクライアントさんには、必ずお伝えしています。


その観点で、自分には何があり、何が足りないのか。

お客様の嗜好を変えることはできません。

ならば、そこと合致するポイントを探すこと。


売れている人と自分は、どう違うのか。
もちろん違っていいのです。
魅力は人それぞれだから。

自分なら、どんな人にどんなモノに惹かれるのか。
自分が求めるビジネススタイルに合っているか。


求めさせる人ではなく、求められる人になるために。


まずは冷静に観てみましょう。


お問い合わせやご予約はメールにてお願い致します。

treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp

(☆を@に替えて送信してください)


画像は神社で見つけた桔梗の花。

自然には、いつもたくさんのことを教えてもらいます。