私の小さきスピリチュアリズム

こんにちは、氷室ユリです。

今日の私の肩書きは……

心理カウンセラー&Voyager Tarot Alchemy認定ティーチャー、です。


あ、いや、単なる一個人、ただの氷室ユリにしておこう(笑)

そんな逃げ道を自分に残すビビリな私です。ははは。

だって、今日は少々、毒を吐きそう。(〃∇〃)

なので、そういうのは読みたくない方は回れ右でよろしくです。


昨今、私の周りでは再燃しているスピリチュアルブームとか、

占いとか、サイキックとか、うすら寒いお話が右往左往しておりました。

あ、私、そういうのを否定しませんし、面白いと思うこともあります。

遊びとしてなら、へー、そー、ふーん、(´∀`*)ウフフと楽しめます。


目に見えない力も、過去生も、占いという統計学も人生論も、

超能力、超常現象、第六感を超えるもの、全部アリだね、と思っています。

見ようによっちゃ、面白いしさ。

ぶっちゃけ、なんでもアリでしょ。(笑)


けれど、お仕事となると別です。

私の生き方としても、そうかな。


それを全面に打ち出してお金を頂こうとか、

大事な自分の世界を作る際に判断材料にしようとは思えない。

それらで乗り切っていけるほど、人生は甘くないと思っています。

もう、ここでとても悲しいお知らせを発表しとくけど、

人生は艱難辛苦、悲喜交交、喜怒哀楽。全部。

ぜーーーんーーーぶーーー! あるの。あはははははは。(*´Д`)ハァハァ

それ、想定内ですから。もう、諦めましょうね!


怖さとも、苦しさとも、悲しさとも、共に生きていく。

それはそれらに支配されるということではないのですよ?

喜びだって、夢も希望も情熱もあるし。

その中で、自力と真の他力をと、繋がりの力を学びながら、

そこでたくさん感動し、経験し、自分の力を取り戻しながら、

それぞれの輝きを目指していく……

だからこそ、人生は価値あるもの、愛しいものではないのかな。

(スピ的にも、だからこそ、この世に生まれてきたんじゃないのかい?w)


だから、そういうスタンスは、それはそれとして俯瞰しています。

振り回されるのはまっぴらごめん。(昔は色々とぐるぐるやったわw)

そこには、私の志や信条、真の意味での知恵が関わってきます。

そう思っているから、積極的に取り上げないってのも理由の一つです。


私がカードワークを学び、お教えするベースとなっている

Voyager Tarot Alchemyでも、その基準はとても現実的です。

つらいこと、悲しいことを、曖昧な意味付けで回避するのも良しとしていません。


これね、決して必要以上に「厳しい」ってことじゃないんですよ。

私だって、怖いこと、ぐずぐずしちゃうこと、逃げたいこと、

泣きそうでチビりそうなこと、いっぱいありますもん。

だけど、無いことにはできなくて、真っ向からいくことがほとんどです。

なぜそうするのかは、単純にね、

実は、何が面白いかっていう基準次第なんだと思う。


何が興味深くて、何が退屈なのか。

自分主体で生きたいか、否か。


ああ、怖いけど、漏らしそうだけど(ホントに漏らしたことはないわよw)、

チャレンジしちゃうよね、だって、その向こうに得たいものがあって、

絶対、これって、あとで振り返ったら「面白かったー!」になるやん?

人生のアトラクションやん?

そんなこと、感じてしまったら、イクでしょ??? イカない???

私はイッちゃうわー。(*´艸`*) 


ああ、偉大なる好奇心&探究という名の欲望。

こんなときに、血液型がーとか、星座がーとか、過去生がーとか、

サイキックリーダーがーとか言ってらんないんだよ。

微塵にも脳裏によぎることはないなー。


だって、リアルの世界に夢中だから。(*´艸`*)


こんなに、現世修行をしているってことはだよ、

どんだけスピリチュアルなんかい!ってことじゃないの?ね?ね?(・∀・)


なのに、なんだろうね、このズレというか、

最近出会ったスピリチュアルブームのつまんなさ。


スタンスの違いが一番大きいかもしれませんね。

もちろん、どちらでもいいと思います。

でも、下手したら、ハムスターの回し車みたいなところに

ずーっといちゃう可能性はないかな。カラカラカラカラ……(泣)

ま、それもその人の選択ですよね。


だけど、エゴエゴな私は、自分の大切な人にはどう選択する?と問いたい。

現実的に主体的に生きていく?、もしくは、

目に見えないことを利用したまやかしの中で生きていく?、って。


あ、ごめんなさい。ちょっと辛口過ぎますか。Σ(´∀`;)


後者をもう少しソフトに書くなら、

実態をつかめないファジーなものだけど、

その中に希望がある!と思える余地と甘さを残しながら、

他者からの視点と外界からの示唆で生きていく、とか。


……(;・∀・)

…………いかん。どうしても、チクチクと棘が見え隠れするわwww

だって、私、嘘は書きたくないのだもの。

⇒ ここで過去記事をプッシュ(笑)

「嘘は書かない」

https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12320722582.html


閑話休題。


生き方だけでなく、お仕事のポリシーとしても同じでね、

「答をご自分で見つけていただく」か、「答を与える」か

そこに意識のエスコーターとしての私自身のこだわりがあるのです。

どっちに価値を感じ、面白みを感じているか。

そして、自分がいいと思うものを目の前に座る方にもご提供したい。

だから、誤解を招く内容は発信したくないし、メニューにも入れない。


今日に限って、とっても辛口だったり、(え? いつも? 違うよね?)

未だによく耳にするスピリチュアルブームにうすら寒いって思ったりしたのは、

そこに提供側の未熟な自己顕示欲や、行き過ぎた強欲さ、他者への支配願望、

ビジネスとしての欺瞞が観えた事例に、最近またもや幾つか出会ったからです。

で、書いてみた。というわけです。

(もちろん、誠心誠意やってる方もいる。

 で、そういう方はブームとは離れたところにいると感じています)


ま、そんなことで、オエーッってなった私もまだまだ小さいわな。( ̄ー ̄)フッ

でもなるの、反応もするの、にんげんだものw←


で、受け取り側にも、弱さとか、自信の無さとか、あると思います。

そこにスルリと入り込まれたら、揺れるよね。うーむ。(´ε`;)ウーン…


だけどさ、落ち着いて考えたらわかると思う。

「生きていく」ってどういうことかって。

もっとリアリティがあって、生々しくて。


ちなみに、私が思っているスピリチュアリズムの定義は

「今をいかに生きるか」

霊的でない人などいない。

現実を観るために、私たちは生まれてきた。


私も、スピな人なの、実は(´∀`*)ウフフ←


ま、これも、人それぞれですよね。

個人的には人の主義主張はどうでもいいし、なんでもいい。

ホントに十人十色だもの。

友人知人に、占い師もいるし、見えちゃうって言う人もいるし。

だけど、みんな嫌いじゃないし、やめなよ、なんて思ってもないし言わない。


ただね、それで身を立てたり、その能力やツールで人と関わるのであれば、

そこにはその人の真実を誤魔化さないPurityがほしい。そして覚悟も。

人を巻き込まず、自分一人でも貫きたい、って思えるほどの、ね。


そんなことを、深夜に銀杏の薄皮を剥きながら考えた秋の夜長です(•ө•)♡