人生の謎解きだらけの講座、STAGE3、終了いたしました。

こんにちは、氷室ユリです。

今日の私の肩書きは、Voyager Tarot Alchemy認定コーチにしとこうかな。


私はこのVoyager Tarot Alchemyにおいては、認定カウンセラー、認定コーチ、

そして認定ティーチャーという段階を経ています。

学ぶプロセスにおいて、すべての顔を培わさせていただきました。


で、本日は、認定コーチとして書きたいと思います。

なぜなら、旧コーチングクラスである講座、STAGE3「運命を創造する」を

先週末、オーガナイズ、兼、再受講したからです。



STAGE1から3までのシリーズ完結編とも言えるこの講座。

他者にコーチングするのもアリですが、

まずは自分のことを、という目線も学びますし、

もちろん他者へのコーチングセッションについても学んでいきます。


そして、そのテクニックや段取りよりも、

その両面において知っておくべき項目は正直、少なくはありません。


心理的な数々の現象、その仕組、体感を通して知らせてくる変化の警鐘、

その人の心的バランス感覚の心理的構造、誰しもが陥りがちなメンタル上の盲点、

それらの探究や解決のためにカードを介在させることへの知識、

そして、クライアントとコーチの関係性における様々な学び……


もちろん、ここに書いたのはそれらのごく一部です。(^^)


加えて、実践的なセルフワークや他者とのペアワークなどなどで

実際の問題にも取り組むので、2日間で頭は心地よくパンパンです(*´∀`*)


自己紹介の段階から、最後の振り返りのコメントまで、

隅から隅まで無駄な時間はありませんでした。


私は、旧クラスも、この講座も受講済みですから、大まかな内容は知っています。

それでも、初めて気づいたこと、新しい視点など、多くを吸収しました。

それは同席してくださった皆さんも同じだったと思います。


自分自身の仕組みのようなものを知ると、自身の人生の紐解きが為されます。

なぜ、自分の人生にこんなことが起こった、起こっているんだろう……

こんなふうに考えていたから……

こんな行動に走りがちだったから……

あの環境が私にもたらしていたものは……などなど。

思い当たることや新発見に、全員が遭遇したのではないかと思います。

最終的には、それらを理解することで、運命を創造することに至っていく……

そんな講座だったと感じます。


私たちの人生は死ぬまで謎だらけで、

もしかしたら、その最期のシーンでも

わからないことや腑に落ちないことがあるかもしれません。


それがダメだとは言いません。

でも、私は、私自身のことや、この世界のこと、宇宙のことが知りたいです。


この講座の2日間は、その謎解きを散々にやらせてくれる時間でした。

初めての時間ではないのに、初めてのことに出会う、

それが、VTアルケミーの認定講座の面白さであると、

自分自身も講師をしていますが、今回もしっかり楽しく学ばさせてもらいました。


私はSTAGE1から3まで、ブラッシュアップのために毎年、全部、再受講をします。

講師である橋本和泉さんには、毎回、訊ね、紐解きの糸口をもらい、

学ぶ側としても講師としても、大きなギフトをもらっています。


身近な人や仕事仲間はよく知っていると思いますが、私はお世辞は言いません。

社交辞令も過剰な賛辞も苦手です。結構、シニカルな視点も持ち合わせています。

でも、そんな私が学び続けて数年来というこの団体の、和泉さんの講座は、

どんな人にもオススメできるものです。


ま、百聞は一見に如かず。

本気の人には受講してほしい、認定講座シリーズです。

今回も充実の時間でした。

講師の和泉さん、一緒に学び合ってくださった皆様、ありがとうございます。


最後に、和気藹々のランチタイムの画像なんぞ。(*^^*)

講座もそうなのですが、笑いあり涙ありで、本当に楽しく美味しい時間でした。


福岡では、また来年、STAGE1は私自身が登壇し、

2と3は和泉さん主導の講座をオーガナイズしたいと思っております。

当団体の認定講座に興味を持たれた方は遠慮なく、お問い合わせください。


********


現在、カードを使ったVTアルケミー式の、カードワークコーチング、

2名様のみ募集中です。(*^_^*)

詳しくは以下の記事をお読みください。

「VTアルケミー式カードワークコーチングのすすめ 」

https://ameblo.jp/th-yuri/entry-12317389652.html


お問い合わせ、お申し込みなど、

ご連絡はメールにてお願い致します。

treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp 

(☆を@に替えて送信してください)