継続が習慣へ、そして力になるまで

こんにちは、氷室ユリです。

今日は、VTアルケミー認定コーチとしての目線で書いております。


まずは昔話をひとつ。(^_^)


大昔、語学学習に夢中になったことがありました。

英語とスペイン語、そこそこに意思の疎通ができるくらいになりました。

(今はさっぱりですwww)


英語は映画のセリフを聞き取れたのが嬉しかったり、

当時、海の向こうのお国の人が恋人だったりがキッカケで、

スペイン語は、一時期ハマったサルサが楽しくて、その音楽にもハマって。


発端はそんな感じのことでしたが、

いつしかそれは実験的な気持ちから、

3年続けるというミッションになりました。

(それも、やっている間は忘れるほど没頭していたと思います)


「継続は力なり」というフレーズが大嫌いでした。

だけど、職場のとある技術畑のおじさんに

「どんなものでも3年必死にやりゃぁ、どうにかこうにか形になる」

そう言われたことがずーっと引っかかっていました。


3年間、テレビも見ずに、会社の休憩時間も英語漬けになっていた、

本当のキッカケはそれです。


鼻っ柱の強い出向社員であった私が楯突いて

「どんなにがんばってもダメなもんはダメな気がするー」

そう言った時に、「けっ」と笑って、爪楊枝でシーシーやりながら、

そのおじさんはこう言ったのです。

「やってもないお前に何がわかるんだよ」


ぐうの音も出ませんでした。

その頃の私は常々、飽きっぽい自分が本当は恥ずかしく

薄っぺらな人間に思えていて、イヤでしかたなかったからです。


3年、それも必死で。

私には重みのある言葉でした。


天邪鬼はどこかでモノになることに憧れながら、

きっとダメに決まってる、それを証明してやるよ、そんなひねくれ根性で、

ちょっと面白くなっていた語学の世界に没入しました。


スペイン語は講師の関係で1年で断念しましたが、

英語はなんだかんだと3年以上、趣味でしたが、

私にしては一生懸命に勉強したと思います。


そしてその数年後、簡単な翻訳のバイトをしたり、

転職した別の会社でオーストラリア人の上司に日本語を教えたり、

という私がいました。


そして、不意にそのおじさん、K主任の言葉を思い出しました。


「ああ、アタシ、どうにかこうにか形になってる」

そう苦笑しつつ、大きな教えをもらったことに気づきました。


継続は力なり。

これは今も私の中で、真実として生かされています。


趣味の世界であろうと、ネットでの発信においてでも、

ビジネスに関してでも、これは言えることです。


お仕事のご相談やコーチングで、結果が出ないという方が多いです。

そして、その方々の傾向として、

継続力が低いというのも特徴的だと感じています。


例えばちょっとやってみて反応がないからやめてしまったとか、

気が向いたらブログに投稿するけれど、

気が向かないから最近、投稿してないとか、

そういうのも案外よく耳にします。

これらがすべてではないですが、

結果が出せない人の一要因とも言えると思います。


自分で営んでいくと決めた人の

大事なミッションのひとつは「継続」なのです。

その最たるものが売上を継続する、ということですね。


これは金額の多い少ないとも無関係です。
多くを望むなら多く、
少なくていい人は少なく、ただひたすらに続けていく。


そのために、特別なことじゃなくていいので、

業務を継続していくために継続すべきこと(ややこしいですね^^;)を

とにかく続けるというのは「とても大切なお仕事」です。


だけど、私たちはやらなくていい理由を見つけるのが、
天才的に上手い!のですよね(^_^;)
私にもたくさん身に覚えがあります!(笑)


自営業でもルーチンワークはあります。

むしろ、自営だから、でしょうね。

スモールビジネスのうちは、お掃除から社長業まで全部やりますから。


普通(自分にとっての当たり前の意)のこと。コツコツやること。

それをコンスタントにやり続けることは、意外と大変なことなのです。

だから、規模が大きくなったら人を雇う。

で、それらをやってもらうのですね。


特別なこと、すごいことでドカンと当てる人もいるでしょう。

だけどそれから低迷、低下する人がとても多いです。


何か大切なことが抜けたまま、だったのかもしれません。

結局は、やり続けた人が残る人であり、

他の人とは違うものを持っている人、ということなんですね。


できることを見つけてください。

必要性があり、且つ、継続が容易そうなことでいいので。


そして、その次にできそうなことも見つけましょう。

最初に見つけた簡単にできることを続けながら、

その次に見つけたことを並行して継続することに

ぜひチャレンジしてみてください。


発信においては、得意な媒体で得意な内容をコツコツと、

そして、プラスアルファをやります。

ちょっとがんばってみようかな、ぐらいのことにチャレンジ。

欲張らず、とにかく続けることを最優先事項に。


それが楽にできるようになったら、その次を。

そして、またその次……


これが、習慣化への早道です。


習慣になったものは、力を生み出します。

そして、さらにそれを育ててくれます。


続けるのは苦しいイメージかもしれません。

でも、習慣になってしまえば、少しくらい休んでも大丈夫。


続けないと気持ち悪くなったり、楽しくてやめたくなくなったり。

休んだとしても継続することのメリットを真からわかっていますから、

継続のリズムへの戻り方はわかっています。

習慣化されて力を帯びたものは、たとえ休んだとしても

ロスタイムの挽回は意外に容易いものなのです。


始めるのも、続けるのも、休むのも、自由自在になるための第一歩は、

継続することなのです。


「どんなものでも3年必死にやりゃぁ、どうにかこうにか形になる」

この言葉は、今も私にとっては真実です。(^_^)

これをお読みの方は3年もかからないかもしれないし、

もっと時間を要するかもしれません。


でも、それを確かめ受け取るには、

「私は継続し、力にすることができる人」

……という、今日の自分自身への約束が必要です。


あなたは、やりますか? やりませんか?

どちらを選ぶかによって、3年後に大きく道が違っています。

未来の力のためのあなたの「今」、大切にしましょう。


********


VTアルケミー認定、カードワークコーチングって、なに?

https://ameblo.jp/th-yuri/entry-11549864008.html


お問い合わせなどご連絡はメールにてお願い致します。

treasurehunter_yuri☆yahoo.co.jp 

(☆を@に替えて送信してください)